性質が真逆

女性

コロコロ変化する

非定型うつは比較的若年層に見られ、従来型と比べると圧倒的に若い時期に発症します。20代や30代に多いですが、時代背景や教育環境、心身の形成における変化も関係していることから、1970年以降に生まれた人に目立つという説もあります。また、病気であることを認めたがらない、隠したがる傾向にあるうつ病の人が多いのに対し、非定型タイプは、診断にはきわめて協力的で、自分から率先して医療機関を受診したがるのが特徴です。うつ病という診断が下れば、病気への理解も早いですが、そのことを公言することをはばかりません。そして、通常、ほとんど毎日、気分が沈みっぱなしで、気力が湧かない、何をしても楽しくないというのがうつ病の病態だと考えられています。しかし、非定型うつの人は、休日になると症状が軽減するなど、状況によって気分に変動性があり、趣味に没頭したり、元気に過ごせる時間もあります。さらに、生命力の衰退においては、ずっと強く感じるものでなく、他人の迷惑を気にしないで衝動的になる程度です。ほかにも、従来型のうつ病の人は、つらくても規則や納期をきちんと守ろうとしますが、これらに対して強いストレスを感じやすいです。従来型であれば、守ろうとする真面目さがさらに本人を苦しめ、症状を悪化させてしまいます。一方で、非定型うつの場合は、強い恐怖を感じ、納期や規則を守らなければならないシーンに直面すると、動悸、発汗、めまいなどを伴う不安としてあらわれます。その状態は、呼吸困難を伴い、パニック発作のように見えることもあるほどです。非定型うつというのは、医師でも診断が難しく、周囲の人から見れば、イメージしているうつ病とは真逆のことが起こるので、対応に困ることがあります。自分のやりたいことはできて、嫌なことはやらないというと、ただのわがままにとれますが、非定型うつの人は、やりたいことしか、できなくなるというのが正しい状況です。嫌なことはやりたくないという気分だけでなく、必ず複数のうつの症状が同時に出ています。頭痛や呼吸困難、意欲の低下などです。代表的な抑うつ症状に関しては、ある意味急激にやってくることが多いため、楽しんでいたかと思えば、急に泣き出して情緒不安定な様子が見受けられます。本人は感情をコントロールできなくなっているので、気分によって行動が変化することも多いです。また、過食傾向にあり、一日中、特に甘いものを食べ続けることがあります。一ヶ月で、体重が5パーセント以上増加している場合は、黄色信号だととらえ、非定型うつの可能性を探ってみるようにします。ほかにも、人からの言動にしたいして、極端に過敏になって、考えられないほど激しい反応を示すことがあります。非定型うつの人は、父親に対して葛藤を抱えている人も多いです。そのため、同じくらいの年齢の上司などから拒絶、批判、侮辱などを受けたときに、身体症状が現れて落ち込んだり、猛烈に怒りはじめたりすることもあります。ひどくなると、自分が傷つくのを恐れるあまり、友達や恋人からも遠ざかり、一人でいることを望むようになります。非定型うつというのは、一つの側面だけで判断できるものではありません。総合的に見ていくつかあてはまるようであれば、まずは受診することが大事です。

女性

精神科で行われる治療

精神科などで行われる非定型うつ病の治療は、投薬と認知行動療法の組み合わせが基本です。認知行動療法によって、早くて3ヶ月後に改善が見られます。家族は少し励ましてあげたり、生活リズムを乱さないようにサポートしてあげたりすると良いです。

詳しく見る

看護師

新しいタイプの病気です

非定型うつでは良い人間関係を作りにくくなり、一人でいると危険な行動を起こす場合があるので、カウンセリングを行うことが大切です。また、再発防止としては生活習慣を改善したり、家族や職場の上司などにこの病気のことを知らせたりしておくと良いでしょう。

詳しく見る

医者

生活リズムを保って

非定型うつ病は投薬と認知行動療法を中心に治療が進められます。仕事などは続けて、生活リズムを一定に保つことが大切です。認知行動療法は早くて3ヶ月後に効果が出始めますが、即効性が欲しい人は海外で高い効果が見られる慮法を受けるのも一案です。

詳しく見る

人気記事

女性

精神科で行われる治療

精神科などで行われる非定型うつ病の治療は、投薬と認知行動療法の組み合わせが基本です。認知行動療法によって、早くて3ヶ月後に改善が見られます。家族は少し励ましてあげたり、生活リズムを乱さないようにサポートしてあげたりすると良いです。

詳しく見る

看護師

新しいタイプの病気です

非定型うつでは良い人間関係を作りにくくなり、一人でいると危険な行動を起こす場合があるので、カウンセリングを行うことが大切です。また、再発防止としては生活習慣を改善したり、家族や職場の上司などにこの病気のことを知らせたりしておくと良いでしょう。

詳しく見る

医者

生活リズムを保って

非定型うつ病は投薬と認知行動療法を中心に治療が進められます。仕事などは続けて、生活リズムを一定に保つことが大切です。認知行動療法は早くて3ヶ月後に効果が出始めますが、即効性が欲しい人は海外で高い効果が見られる慮法を受けるのも一案です。

詳しく見る